Giazotto “Adagio in G minor” (Albinoni Adagio)

 アルビノーニのアダージオです。 まさにバロック音楽の中でもメリハリの効いた美しい名曲です。 でも本当はレイモンド・ジァゾットの作曲のようですね。 初版は1958年ということですから、実は200年以上も前のバロック音楽・・・ではなかったわけです。 弦楽器とパイプオルガンの組み合わせで作曲されてますが、そのほかに多くの編曲があります。 この曲はオーソン・ウェルズの1962年の映画『審判』に使われて有名になりました。 カフカの不可思議で不気味なストーリーを大いに盛り上げたわけです。 よく葬儀などでも使われますが、私はいつでももっと気楽に聴いたら良いと思ってます。

 さて、現在主に打ち込んでいるベートーベンのピアノソナタなどでは、一つ一つの音とそれに関わる音の関わりをよほど注意して打ち込むように先生から言われております。 でもこの曲は、いわゆるバロック音楽ですから、主に弦楽器、オルガン、それぞれのパートのバランスを勉強するつもりで打ち込んでみました。

 弦楽合奏の音源は、新たにバージョンアップしたAudibro社の”La Scoring Strings 3″を使ってます。 LASSといえば弦の音源ではどなたも認める音質で有名ですが、2.5から3にバージョンアップしてユーザーインターフェイスが一新し、非常に使い易くなりました。 その上、ピッチが少し甘かったところが修正されたのかあまり気にならなくなりました。 又、パイプオルガンの音源はSoundiron社の”Alfa Organ”を使っております。 パイプオルガンはピアノのような減衰楽器ではなく管楽器ともいえます。 又、いくつかの倍音を組み合わせ(パイプの組み合わせ)て音をつくるそうなので、奏法を少しずつ勉強しながら打ち込んでみました。

   曲名: Giazotto ”Adagio in G minor”(Albinoni Adagio)
   音源:Emotional Violin(Solo), La Scoring Strings 3, Alfa Organ
   Audio file format:mp3